オールデンについて

革靴といえば「オールデン」と言われる定番中の定番。

オールデンとは、1884年に設立されたアメリカを代表する老舗シューズブランドです。

男なら誰もが憧れる魅力が、オールデンには詰め込まれています。

オールデンの人気の理由は「他のメーカーには真似出来ない艶とこだわりの素材」です。

コードヴァンという皮革を使い、独特の艶を出し履くほどに艶やかに、磨けば磨くほど美しい光沢を放ちます。

また、艶だけでなく、足入れの良さや革の柔らかさも魅力です。

一見硬そうに見えるコードヴァンですが、履き心地とフィット感は正に最高級。

長く履けばそれだけ自分の足に馴染み、疲れや足へのストレスを軽減します。

そうして長年履いたオールデンには、独特の艶に履き皺が加わりさらに魅力的な1足に仕上がります。

人によってそれぞれ違う経年変化が、オールデンを履く楽しみの一つでもあります。

ちなみにオールデンの購入といえば、

やはりお勧めは、インポートシューズサロンさんですね。

こちらではメンテナンスに必要な商品も靴と一緒に購入することで

割引がききます。

オールデンファンとしては、うれしい限りですね。

ad_rogo

チャーチについて

1873年、靴造りの町ノーザンプトンに小さな工房を開いたことから始まった「チャーチ」。

それから数年のうちに高級シューズの代名詞的企業へと成長し、世界浸出した最高級のシューズブランドです。

創業から現在も変わらず、1足あたり8時間の時間をかけて工場内の職人たちが全て手作業で製造し、250に及ぶ工程を経て出荷されます。

皮革は世界中から選りすぐりの最高級の革しか使わないというこだわりの逸品です。

そのチャーチの靴の特徴はグッドイヤーウェルト製法と呼ばれる複式縫いの手法。

この手法により高い安定感を誇り、履くほどに足に馴染んでいきます。

1999年にプラダグループに買収され、これまでの伝統的な英国靴のイメージに加え、モダン性も評価されるようになりました。

進化を繰り返しながら、伝統的な揺るがないこだわりを見せ続けるチャーチは、多くのセレブの心を掴んで離さないブランドです。

ch

ジョンロブについて

1866年、ロンドンで誕生した世界で最も評価の高いオーダーメイド靴ブランドの一つである「ジョンロブ」。

その伝統的な技術は現在に至るまで生き続け、究極の靴を作り続けています。

お客様の要望のデザイン、お客様の足にフィットするサイズを製作するビスポークがジョンロブの特徴。

1足の靴を、芸術的で確かな技術を持つ職人が約50時間かけて作ります。

ジョンロブの靴に使用するレザーは上質で、ステッチのクオリティは世界的に最高レベル。

その品質の高さと洗練されたスタイルは、誰もが魅了されるほどの美しさを放ちます。

変わらない気品溢れる美しさとファッション性を兼ね備えたジョンロブ。

数百のタイプを取り揃え、その用途の幅広さが世界中に愛される理由です。

john_rogo

クロケット&ジョーンズについて

1879年、英国靴生産の中心地ノーザンプトンに誕生した、イギリスを代表する一流ブランド「クロケット&ジョーンズ」。

熟練した職人たちの伝統的な技術によって作られる最高級の靴です。

丁寧に一足一足作られたその靴は、美しさはもちろんのこと、機能性も徹底的に追求された究極の逸品です。

しっかりとしたグッドイヤーウェルト製法による、最高の履き心地も魅力の一つ。

機械に頼る部分もありますが、熟練した職人たちの細かい手作業によって、クロケット&ジョーンズの靴は最高峰となります。

決して手を抜かず、無駄のない作業と靴への細かい気配りが、履くほどに自分の足に馴染む一足を作り上げています。

この伝統的な靴作りの哲学は、変わることなく現在でも受け継がれ、世界中に愛され続けるシューズブランドの地位を確立しました。

 cro_rogo

エドワードグリーン(イギリス)

1890年、ノーザンプトンで誕生した「エドワードグリーン」。 イギリスを代表するビスポークシューズブランドです。 最高級のカーフスキンを使用し、英国伝統のグットイヤーウェルト製法で作られたエドワードグリーンの靴は、耐久性に優れ、履き心地が良いのが魅力です。 その靴作りの200以上ある工程は、熟練の職人たちの手作業によって行われます。 靴作りへの頑固なまでのこだわりを持つ誇り高き職人の手によって、高い技術性、デザイン性、品質を併せもつ最高の靴を作り続けています。 細部にまでこだわり抜き、人々を魅了してやまないエドワードグリーンの靴は、伝統的かつ現代へ普遍的な美しさを放ちます。 製品のラインナップも充実し、どんなタイプの人にも好まれるシューズブランドです。

11021804